2017年03月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫05月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011'03.25 (Fri)

この度の震災に関しての話

お久しぶりです。みどです。こんにちは。

この度の震災に於いて、多大なる被害に見舞われた東日本のみなさまに
心からお見舞い申し上げます。

何も出来ない歯がゆさから、最近めっきり使っていないPCを立ち上げまして
色々なことを調べてみました。

震災直後は、被災地の大変な状況を報道する番組が多かったのですが
ここ数日は原発に関しての報道に多くを割いているのを見ますね。

私は当たり前のように原発がある環境で暮らしてきた人間でありながら
原発の何も知らないということを、改めて気づいた報道でもありました。

被爆や汚染の拡大に、過剰に反応するのはどうだろうかなどと
心のどこかで漠然と思い、現実としてどう感じるべきかを考えていなかったのですが
あるサイトで本当のことを読んで愕然としました。


あくまでも、恐怖心を煽る目的ではなく、原子力発電所とはどういう性質のもので
私たちが何も知らず甘受してきたことはこういうことなのだよということを
それぞれ皆さんの視点で感じる機会なればと思い、紹介させてもらいたいと思います。

以下、折りたたみ部分にて書きます。



【More・・・】



現実に起こってしまった災害の中に、原子力発電所も含まれたのが今回の災害の
大変深刻な事実です。

漠然と、被爆すると大変だとは思いながらも、それがどうなってしまうのか
詳しいことを知っている人のほうが少ないと思うのです。

民放では、災害直後から、鮮烈に報道することにばかり重きを置いて
全く冷静でない過剰な恐怖を煽る報道ばかりを垂れ流しているように思います。

多数の、原子力発電などの専門家が出演して、詳細を解説してはいるのですが
テレビ局の意図の下、アナウンサーによる解説の「遮り」によって
専門家が言おうとしている詳しい内容が、『衝撃的なこと』を軸に
体よく、現地カメラに切り替えたり、CMを差し挟んだりしてカットされ
ただただ、驚かせること恐怖させることを意図しているように感じるものが多いです。

震災直後の恐ろしい過剰報道合戦は少しさめてきたようには感じますが
まだまだ情報操作に余念がないといった具合で、私は眉をしかめるばかりです。

日頃、殆ど見もしないNHKを見て、あぁちゃんと解説を聞けるように構成してるな
民放の貪欲さがない分、すっきりわかりやすく伝えることを主軸にしているのが
素人の私にもわかるなぁ、と感心してしまったりしています。


放射線の及ぼす影響に関しても、詳しく理解している人は少ないと思います。
被爆経験のある、広島や長崎の人に関しては別ですけれど。
日頃から原爆に関しての報道も多くなされいる地域なので、この地の人々は
ことさら関心も高いうえに、詳しい知識も持っている人が多いはずです。


今回の震災にあたり、たくさんの民放の過剰報道に辟易した私は、ちゃんとした
情報を知りたいと強く思ったので、自分で色々調べてみました。

そこで見つけたのが、とある原子力発電所の建設に関わった方のサイトでした。


筆者「平井憲夫さん」

1997年1月逝去。
1級プラント配管技能士、原発事故調査国民会議顧問、原発被曝労働者救済センター代表、
北陸電力能登(現・志賀)原発差し止め裁判原告特別補佐人、
東北電力女川原発差し止め裁判原告特別補佐人、福島第2原発3号機運転差し止め訴訟原告証人。
(「原発被曝労働者救済センター」は後継者がなく、閉鎖されました。)



原子力発電所に深く関わりながら、苦悩し、自らも被爆なさった方のサイトです。

(↓クリックすると別窓でサイトに飛べます)

原発がどんなものか知ってほしい
(平井憲夫さん著)

ご本人がすでに亡くなっておられること、連絡先がわからないので
無断での紹介になりますが、この度の災害を鑑み、ご本人の意思に背くものでは
ないと判断して紹介することにしました。


記事は1970年後半あたりのことから始まっているようですが、福島原発も含まれ
現在稼動している原発に関しても多く触れているものです。

技術が進んでいるとは思いますが、事実を語っていることには間違いがなく
原発はこれだけ深刻な現状によって維持されているのだと思います。

私も、原発に関することを取り上げた小説は何冊も読んだことがあるのですが
あくまでも架空のお話であり、かなり事実を誇張しているものなのだと思って
『おはなし』として読んできました。

しかしながら、この平井さんのサイトを読んだ限り、私が読んだ小説の中の
さまざまな話はかなり正確な原発作業員の実情を書いていたのだと愕然としました。

ありうるだろうな・・・と想像し出来てしまうような建設にまつわる話などは
ゾッとするという範囲の話ではありませんでした。


大体において、原子力発電所は放射能を使用するのだから、何かしらのマイナス要因は
起こって然るべきなのですが、安全だ安全だという広告でかなり楽観視してきました。

どう考えても危険である放射能を100%の安全で平和利用出来る物だろうか。
原発に反対するなら電気を使うな!とも言う時代があったのも覚えているのですが
電気が当たり前にある生活に慣れきった私でも、ちょっと首をかしげるのです。

必要以上に作られる原発。異様に推し進めるオール電化の広告。

平井さんのサイトを拝見する限り、オール電化推進に関しては、新たに作ろうとしている
原発の正当性を勝ち取るための、物質的な流通を狙ったのかなとも思ってしまいます。
電気が多く供給されなければ生きていけない生活環境を意図的に広めようという・・・


この度の災害によって、一部地域の原発建設に関する計画は一時中断したようですが
一方的な安全だよという話は神話でしかなく、きちんと情報を公開すべき時が
訪れた様に思います。
それこそ、平井さんの意図なされたように、本当のことが多く知れ渡るといいのですが。


私には出来る力が小さく、影響力もないのは百も承知です。

このブログも、ネトゲブログとして立ち上げ使ってきたものですし、
今年は殆どゲームもしていないため、更新すらしていませんから
訪問してくださる方もめっきり減りまして、お越し頂いてもお見せするものもないという現状。


ただ、万が一見に来てくださる方がおられましたら、
もしかしたら、平井さんのサイトを見てくれるかもしれません。

見ることによって、何かしら感じるところがあるかもしれません。

ほんの一欠片でも、今起こっている災害の今後の影響において
考える材料の一部になればと思います。


頭のよろしくない私が、精一杯考えた、伝達の手段です。
みなさん是非ご自分の目でご覧になって見てください。


原発がどんなものか知ってほしい
(平井憲夫さん著、 クリックすると別窓で開きます)




まだまだ寒い日が続き、今日は雪が降る地域もあるとの事です。
一人でも多くの方が暖を取れますように。

災害復旧にあたられている、すべての方々が怪我や病気になりませんように。

パニックを誘引するような過剰報道が減りますように。

我欲ではなく、みんなが笑顔になれる方法を考える時間が増えますように。

小さくてもいい、自分で出来ることを考えられますように。

世界中からの応援の声が、被災地の皆様の心に届きますように。

小さすぎる私の発信が、ほんのちょびっとでも活かされますように。

平井さんの思いが、一人でも多くの方に伝わりますように。



おしまい

テーマ : 原発事故 - ジャンル : ニュース

12:02  |  大事な話  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

★管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2011年03月26日(土) 03:43 |  | コメント編集

★大事な話だと思います

僕の住んでいる松山市からは伊方原発が60kmほどのところ。
さらに山口の下関で建設予定のものが同じくらいの距離にあります。
それで原発についていろいろ調べているうちにみどさんの紹介していたサイトに行き当たって読んだことがありました。

晴れた日には松山城から見える伊方が怖いのですが、
今回のことで怖さがさらに増したように思います。

作業員が他のところを見回りに行っている間に壊れる冷却装置とか
正常に鳴っていたのに故障だと思ったと無視される放射能の測定器とか
本当に安全で問題がないなら被爆する作業員なんか出ないだろうとか

何を持って安全だと言い張るのかわからないので余計に怖い。

想定が甘かったなんて記者会見があったみたいだけど
じゃあ甘くなかったら原発は100%安全なものなのか。
原子力なんて人類の手に負えない力を扱う以上99%でも99.9%でもダメで
100%安全じゃないといけないだろうと思うのです。
りゅう | 2011年03月26日(土) 04:48 | URL | コメント編集

おひさしぶりです。かなり遅くなりましたがメール見ました。ごめんなさい。
では!

あ、よく分からないままツイッター始めました。システムがよく分かりませぬ。
鷹(タカ) | 2011年04月04日(月) 22:37 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。